力石ちからいし甲人こうじん力石ちからいし鎧秀がいしゅう作 兜美術工芸飾り

「美術工芸飾り」とは、兜を中心に、脇飾りの弓太刀や兜櫃(かぶとびつ=兜の入れ物)を置かない、お節句の意味に重点を置いたシンプルな本体中心の飾り方のことです。

画像をタップすると
数枚の写真をご覧になれます。

  詳細表示 一覧表示  

屏風の一部に横に白い線が入ったものがございますが、これは絹しけ屏風といいまして蚕の糸を数十本合わせて作るため糸の太さや紬が不規則となって表れれています。これが本絹しけの特徴で落ち着いた風合いの織物となっております。

鍬形くわがた(=兜上部のツノ状の金具)に模様が見える場合がありますが、これは鍬形が鏡面仕上げのために天井等が反射して映っているためです。

鎧兜の技術解説

ケースに入れた兜の例

省スペース飾りの例

力石鎧秀・力石甲人作品とお節句の意味