石川潤平・石川佳正作 木目込きめこみ人形大将飾り

江戸木目込人形作家 伝統工芸士石川潤平作おぼこ大将、創作人形作家 伝統工芸士石川佳正作おさな大将の作品例です。

画像をタップすると
数枚の写真をご覧になれます。

  詳細表示 一覧表示  

ケースに入れたおぼこ大将の例

省スペースで飾れる逸品飾りの例

作者プロフィール

二代目石川潤平

  • <工房にて>

  • <実演でのスナップ>

  • <実演でのスナップ>

昭和26年・・・埼玉県に生まれる。
昭和45年・・・父 初代潤平に師事。
平成11年・・・二代目石川潤平を襲名。
平成11年・・・ドイツヘッセン州立人形博物館へ木目込人形「東風」を寄贈。
平成12年・・・埼玉県立民俗文化センターに木目込人形製作工程を寄贈。
平成13年・・・明治神宮へ木目込人形「官公」を奉納。
平成14年・・・おぼこ大将「枠目彩色」発表。
平成16年・・・経済産業大臣指定 江戸木目込人形伝統工芸士となる。
平成22年・・・日光世界遺産劇場にて伝統的工芸品展に出展、実演する。

三代目石川潤平(石川泰大やすひろ

  • <工房にて>

  • <実演でのスナップ>

  • <実演でのスナップ>

昭和62年・・・埼玉県に生まれる。
平成15年・・・初代石川潤平に師事。
平成16年・・・彫刻家島田忠恵氏に学ぶ。
平成17年・・・雛人形衣裳着書目頭を発表。
平成17年・・・人形彫刻作家「磊(RAI)」に師事。
平成18年・・・磊楽人形彫刻美術館展にて入選(頭部門)する。
平成19年・・・磊楽テラコッタ展覧会にて入選する。
平成19年・・・木目込人形「三番叟」「猩々」発表。
平成19年・・・天神頭製作に携わる。
平成23年・・・オリジナルブランド「泰(YASU)」創作木目込を発表。
平成23年・・・雛人形衣裳着(全体造形・頭)をプロデュースする。

石川佳正よしまさ(人形彫刻作家 らい

  • <工房にて>

  • <実演でのスナップ>

  • <展示会にて>

昭和30年・・・埼玉県に生まれる。
昭和53年~・・・多数賞歴あり。
昭和62年・・・埼玉県美術家協会会員。
平成 2年・・・通商産業大臣表彰。
平成10年・・・西ドイツヘッセン州立ハーナウ人形博物館に「牛若丸」寄贈。
平成16年・・・経済産業大臣指定 江戸木目込人形 伝統工芸士(総合部門)。
平成18年・・・人形彫刻作家 磊(RAI)として新作発表。
平成21年・・・磊(RAI)人形彫刻庭園美術館制作。
平成22年・・・裏小路公園に御影石の遊具3基設置(さいたま市依頼)。

初代 石川潤平

  • <工房にて>

  • <実演でのスナップ 平成8年>

  • <橋本屋にて 平成6年>

  • <展示会にて 平成6年>

大正9年・・・福島県に生まれる。
昭和54年・・・伝統工芸士の称号を認定。
昭和62年・・・伝統工芸品産業功労者表彰。
平成元年・・・総理府付黄綬褒章受章。
平成2年・・・平成天皇即位に際し三番叟献上。
平成5年・・・小和田雅子様ご婚約に際し立雛献上。
平成5年・・・皇太子殿下ご成婚に際し三番叟献上。
平成7年・・・勲六等瑞宝章受章。
平成16年・・・埼玉県指定無形文化財認定。